勝ち組・負け組ではなく・・・

2011/03/27 Sun

大震災から早2週間。
皆様、いかがお過ごしでしょうか?

今、私は大阪の実家に娘たちを連れて帰省しています。

こちらは余震も停電もなく、子供達も私も安心しています…
3・11以降、無意識に緊張の糸が張っていたようです。


阪神淡路大震災のとき、私は高校1年生でした。
我が家は震度4で被害はありませんでしたが、
すごい揺れに恐怖心を抱き、布団の中に丸まってました。

同級生のお父様が亡くなり、被災した人もクラスでいました。
多感な年頃で、悲惨な大災害に大きな影響を受けました。


そして今、3女の母となり、初めて体験した震度5。
仙台で勤めるいとこ、福島県庁で勤める先輩、南相馬市に実家がある同期…
色んな人の顔が浮かびました。
幸い皆、無事が確認できましたが。
惨状から逃げずに、明日へ向かって力強く挑んでいる姿はすごいです。
尊敬します。

私は一体何ができるだろうか…
そんなことを考える帰省になっています。

そんな中、素敵な言葉に出会いました。

「勝ち組 と 負け組」から、「与え組 と 奪い組」へ。


(以下、小田真嘉さんのブログより引用)


「3.11大震災」以降
世界は変わったと思います。


分かりやすく言えば

「勝ち組 と 負け組」という対立から
「与え組 と 奪い組」という区分になっていくでしょう。

喜んで人に何かを与えて
精神的に豊かになっている人と

自分の損得のために周りから奪って
物質的に豊かになろうとする人です。

(中略)

どうすれば
安心する環境(安心を感じる心)をつくれるのか?

自分にとって
一緒にいて安心する人は、どんな人か?

ムリなく、人様のお役に立てることは何か?


この3つの問いが
「与え組」か「奪い組」をわけるポイントになるでしょう。


これからの「優秀な人」とは
従来の能力の高い人のことではなく

優しさに秀でる人のことになり


もしかすると


「あなたと一緒にいると安心する」

「あなたのこと信じているよ」


これこそが
何よりの褒めコトバになるかもしれません。


(以上、転載終わり)


子供を持つ母として、また子供たちに関わる先生として、
この3.11を通して、「本当に大切なこと」を大事にしていきたいな、と思う今日この頃です。

コメント

Secret

最新記事
プロフィール

Kyoko

Author:Kyoko
Hello, everyone! I'm Kyoko!
立川市でBBカードを用いた英語教室と親子英語サークル、また大人向けの洋書の読書会をやっています。
みんなで英語を楽しみましょう!

現在、全てのクラスは定員に達しています。

お問い合わせは
efa.tachikawa@gmail.comまで


見た目はちびっこですが、3姉妹の母です!
アメリカに6年間在住の帰国子女で、英検1級、TOEIC920点です。
BBカードのセルム児童英語研究会の会員です。

カテゴリ
FC2カウンター
リンク
日頃からお世話になっている立川市内の親子サークル「はぐはぐ」と自宅出産でお世話になった河さんのリンクです!
月別アーカイブ
検索フォーム