スポンサーサイト

--/--/-- --

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

久々のタマケン!

2014/11/18 Tue

毎月、所属するBBカードのセルム児童英語研究会の勉強会には出るようにしていますが、2学期は学校行事や子供の体調不良で参加できず・・・

しかし、今月は久しぶりの多摩児童英語研究会の勉強会に参加してきました!

aimg_4106.jpg
(tina先生の画像をお借りしてます)

個性豊かな児童英語の先生方と多岐にわたるテーマのプレゼンで刺激を受けてきました。
教育哲学、科学工作、小中の英語の連携、高校生指導について、教材等、まさにタマテバコの会!
お宝ザックザクです

そんな中、私は英語とあまり関係ないですが、これからの時代を生きるためにヒントになりそうな3つを紹介をさせて頂きました。

その1は
「ナリワイをつくる:人生を盗まれない働き方」 伊藤洋志著


ナリワイをつくる:人生を盗まれない働き方ナリワイをつくる:人生を盗まれない働き方
(2012/07/02)
伊藤 洋志

商品詳細を見る


ナリワイとは、個人で元手が少なく多少の特訓ではじめられて、やればやるほど頭と体が鍛えられて技が身につき、ついでに仲間が増える仕事のことです。
働き詰めで体調を崩した著者が、人間らしい生き方・働き方の原点を見つめ、5年かけて実験してきたナリワイで生きてきた様子が書かれた実践報告です。
年収200万円で8人の子供たちをどうやって育てるか、等なかなか斬新な考え方もあり、とても読みやすい本でした。


その2は

ラジオ版学問のススメ 岡田斗司夫  著書『僕たちは就職しなくてもいいのかもしれない』

http://www.jfn.jp/News/view/susume/19010
↑ここからストリーミングで聴くことができます。

大学生の半分以上が世に出るのに失敗してる、就職がうまくいかない悲惨な現状を知ってほしい。
新卒で入ってもすぐに辞めてしまう、1,2ヶ月で会社に行けなくなる人がとても多い。
「まじめにやっていれば、良い職場が見つかるはず!」と親は言わないで!
もはや戦後の高度経済成長(特殊な状況)を再び目指す時代ではない。

3つのCが大事! 
Contents(内容、できること、読んだ本など)
Character (人柄、どういう人となりか)
Community(人間関係、同世代・上の世代・下の世代とのつながり)
これらを活かして、就職するのではなく、お手伝い(仕事)をする。

Podcastでもダウンロードできます、とっても面白かったので、是非、聞いて頂きたいです!
伊藤さん、岡田さんともに「百姓的生き方」をキーワードとしてあげていました。

そして、その3は
WWOOFの取り組み (World Wide Opportunities on Organic Farms) について

お金のやりとりなしで、ホストが「食事・宿泊場所」、ウーファーが「労働力」そして「知識・経験」を交換するしくみ。
1971年にイギリスで始まり、オーストラリア、ニュージーランドで発展、現在世界50カ国以上に事務局がある。
主に有機栽培などに携わるホストが国内や国外から労働者を受け入れる。

英語を学ぶプラスアルファーの手段(ナリワイ経験)としてもオススメ!
まず日本で経験してから、海外でウーファーしてみたり、
大きいホスト先では国内であっても自分以外が全員外国人だった、といった国内にいながら留学体験も!

農業はちょっと、という人でも、有機野菜を使ったレストランなどもホスト先にあるので、選べます!
(ウーファーとしての登録料は年間5500円)


ね、ちょっと面白いでしょ?

これから自分たち、そして子供たちがどういう社会で生きていくのか、どういう働き方をしたいのか、考える一助となれば幸いです

コメント

Secret

最新記事
プロフィール

Kyoko

Author:Kyoko
Hello, everyone! I'm Kyoko!
立川市でBBカードを用いた英語教室と親子英語サークル、また大人向けの洋書の読書会をやっています。
みんなで英語を楽しみましょう!

現在、全てのクラスは定員に達しています。

お問い合わせは
efa.tachikawa@gmail.comまで


見た目はちびっこですが、3姉妹の母です!
アメリカに6年間在住の帰国子女で、英検1級、TOEIC920点です。
BBカードのセルム児童英語研究会の会員です。

カテゴリ
FC2カウンター
リンク
日頃からお世話になっている立川市内の親子サークル「はぐはぐ」と自宅出産でお世話になった河さんのリンクです!
月別アーカイブ
検索フォーム
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。