子どもが幸せになる学習塾

2011/10/07 Fri

先日、読んだ本を1冊ご紹介します。
子育てにも、英語を教える身としてもとても参考になりました:

「子どもが幸せになる学習塾」成瀬正

子どもが幸せになる学習塾子どもが幸せになる学習塾
(2011/04/26)
成瀬 正

商品詳細を見る



著者は岐阜県下ですごい結果を出している「志門塾」という学習塾の総塾長で経営者です。

学習塾と一見、相反しそうな「結果よりプロセス重視」、「失敗は宝」と、
人格形成を通しての学力UPを実践されています。

これが実に素晴らしい!

この著者や塾の先生方が、大事な生徒さんたちが「合格」を掴み取るまでとことんサポートし、
その後の人生においても多大なる影響を及ぼしている様子がわかります。

その結果、たとえ高校受験で不合格になっても、
お世話になった先生や共に戦ったクラスメイト達に感謝の心を伝え、
失敗をバネに大学受験やその後の人生で更に飛躍している学生が育っていました。

興味深かったのが、恒例行事として先生達が子どもたちに「自分の失敗話」をすること。
今までの大きな失敗をあけっぴろげに話して、
「失敗したけれどもそのおかげでどのように成長できたか」というのを話すのです。

著者も司法試験を何回も受けて落ち続けた「失敗」があったから、
今の立場があるそうです。


子どもたちは、大人の成功話を聞くことはあっても、失敗話なんてなかなか聞く機会がないかも!
だから、とても印象深いし、失敗してもいいんだ、と安心して、自分に自信が持てるかもしれないな、と思いました。

私も日頃から「間違えても大丈夫だよ」と生徒さんに話しかけていますが、
今って「ちゃんとやらなきゃ」と思ってるおりこうさんタイプがとても多いと思います。
うちの長女もそんな1人です。

でも、失敗から学ぶことは多いし、失敗から立ち直れる強さも身につけて欲しいですよね。
失敗しても平気!と流してしまうタイプもいますが(笑)

是非、親御さんたちには完璧を求めず、
失敗も肯定してあげて欲しいと思います←私への戒めでもあります
適度な距離感で、見守りつつ…



高校受験は子どもにとって、自立への第一歩。
親子で話し合い、どのような進路を歩んでいきたいか。

我が家ではまだまだ先のこと…と思っていましたが、
長女が小2だからもう7年後ですね

この著者のように、結果だけに捉われず、過程も重視して、
とことんサポートしてあげられる母親でいたいです。
そして親子で人間的に成長していきたいです。



私も高校、大学と2度受験しましたが、やっぱり受験はいい経験です。
その時の先生方や仲間とは沢山、思い出があります。

受験って孤独なようで、じつは団体戦(一緒に勉強してきた仲間達)であったり、
家族や先生方のサポートがあって、やってきたんですよね。

これから生徒さんたちと我が娘たちも、やがていい受験体験ができますように

コメント

Secret

最新記事
プロフィール

Kyoko

Author:Kyoko
Hello, everyone! I'm Kyoko!
立川市でBBカードを用いた英語教室と親子英語サークル、また大人向けの洋書の読書会をやっています。
みんなで英語を楽しみましょう!

現在、全てのクラスは定員に達しています。

お問い合わせは
efa.tachikawa@gmail.comまで


見た目はちびっこですが、3姉妹の母です!
アメリカに6年間在住の帰国子女で、英検1級、TOEIC920点です。
BBカードのセルム児童英語研究会の会員です。

カテゴリ
FC2カウンター
リンク
日頃からお世話になっている立川市内の親子サークル「はぐはぐ」と自宅出産でお世話になった河さんのリンクです!
月別アーカイブ
検索フォーム